2016年4月14日木曜日

第11章:タブーを破る

固定観念は社会性の中の常識として大切です。

約束を守る。

仕事はする。

遅刻はしない。

裏切らない。等々


しかし、度の越した強迫的な固定観念は自分を苦しめます。

何々で、なければならない。

決められた事以外は、やってはいけない。

赤信号は守らなければいけない。等々

息苦しい位に。

でも、これは親からの影響によるものです。

影響とは漢字で書けば「影が響く」と書きます。

光の価値観も一杯受け継ぎますが、

影の価値観も受け継ぎます。

親の育て方により、その価値観を受け継ぎます。

正しいものだと信じて。

もしそれが、間違った価値観ならば!

強迫的な固定観念は

客観的ではありません。

事実に基づいていません。

願望に翻弄されて

勝手に思い込み

情に振り回されているだけです。


強迫的な固定観点に気付き、


書き換える事を目指しましょう



基礎課程講座⑪:論理療法

人はそれぞれ幼児期からある、思い込みによって

パターン化された生き方を繰り返している。

間違った心の悪癖を取り除き修正する方法。


0 件のコメント:

コメントを投稿