2016年4月14日木曜日

第4章:自分を受け入れる

私達は人から嫌われ事を怖がります。

それ故に、嫌われないように

自分に嘘をつき、相手に合わせて生きています。

知らない事を知らないと言えない。

言えばバカにされる。

まして、「No」なんて、絶対に言えない。

嫌われ、傷付けられるから。

「自己否定」

他人の評価で自分を決めています。


でも、あるがままの私を受け入れている人は、

自分の事が好きで、自分に自信を持っているので

「No」と言えます。

私の気持ちだから。

自分らしく生きているからです。

「自己受容」

自分の評価は自分で決めます。


自分の事を受け入れているからこそ、

相手も受け入れられます。

「他者受容」

自分の人生を振り返る事により

どの部分が

自己否定なのか

自己受容なのか気付けます。




基礎課程講座④:ライフ・ライン

カウンセリングの総て(発表)

自己開示する。


自己受容・自己肯定。I'm OK

0 件のコメント:

コメントを投稿